ミッション

学術情報メディアセンター > センターの概要 > ミッション

学術情報メディアセンターは、情報基盤及び情報メディアの高度利用に関する研究開発を行うとともに、その成果を本学における教育研究環境等の高度化に活用するだけでなく、他の大学や他の研究機関の研究者等の共同利用にも供しています。また、情報環境機構、企画・情報部と連携して学内サービスの向上にも貢献しています。

本センターの研究開発はネットワーク研究部門、コンピューティング研究部門、教育支援システム研究部門、ディジタルコンテンツ研究部門に連携研究部門を加えた5部門体制で推進しています。研究部門の教員は、関連する大学院への協力、全学共通教育科目の提供など多様な形で本学の教育にも参画しています。また、企業や他の研究機関との共同研究などについても積極的に取り組んでおります。

本センターには、全国8大学の情報基盤系センターから構築されたネットワーク型の共同利用・共同研究拠点である「学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点」(略称JHPCN)の認定を受け、全国共同利用のスーパーコンピュータシステムの運用やコンテンツ作成支援など、情報メディアの利用活動を幅広く支援しています。

ページトップへ
Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.