イベント情報

学術情報メディアセンター > イベント情報 > 学術情報メディアセンターセミナー 「農林水産統計の高度利用Ⅱ」

学術情報メディアセンターセミナー 「農林水産統計の高度利用Ⅱ」

Post date:2018/09/12

京都大学学術情報メディアセンターでは、各分野でご活躍の講師をお招きし、それぞれの研究開発活動の内容や現在抱えている課題についてご紹介いただき、参加者を含めて広く議論を行う機会として、月例セミナーを開催しています。

10月16日の学術情報メディアセンターセミナーでは、総務省統計局の谷道正太郎氏ならびに農林水産省大臣官房統計部の宮川弘幸氏をお招きし、ご講演いただきます。学内外を問わず多数の方のご参加をお待ちしています。

日時 2018/10/16(火)16時30分〜18時00分
会場 京都大学 学術情報メディアセンター南館 2階 202マルチメディア講義室
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html
(上記URLのマップ中、93番の建物です)
定員
参加費用 無料
参加申込み 不要
主催 京都大学 学術情報メディアセンター
お問い合わせ 京都大学 学術情報メディアセンター  仙田 徹志
電話番号:075-753-7464
メール:senda * media.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
プログラム ◆16時30分~17時00分
講演者: 谷道 正太郎 (総務省統計局・独立行政法人統計センター 統計データ利活用センター長)
講演題目: 「統計改革の動向について」
講演概要: ここ数年、統計改革が急速に推進されてきており、本年5月には、統計法改正が行われ、公的統計基本計画の改定が前倒しで実施されようとしている。調査票情報の二次的利用では、統計法改正とともに、リモートアクセスによるオンサイト施設の設置が広く展開されることでさらに利用拡大が見込まれる。他方で、地方創生にかかわり、和歌山には統計データ利活用センターも設置された。本報告では、こうした統計改革をめぐる動向について報告する。

◆17時00分~17時30分
講演者: 宮川 弘幸 (農林水産省大臣官房統計部 センサス統計室長)
講演題目: 「2020年農林業センサスの概要」
講演概要: 農林水産省統計部では、2017年に農林業センサス研究会を立ち上げ、2020年農林業センサスの準備を進めてきており、2018年3月に実施方針が固まった。今後は、総務省統計委員会での審議を経て、実査に向けた本格的な準備に入る予定である。本報告では、既往の農林業センサスとの相違も含め、2020年農林業センサスの実施の考え方について報告する。

◆17時30分~18時00分
講演者: 仙田 徹志 (京都大学学術情報メディアセンター 准教授)
講演題目: 「農林水産統計の高度利用の基盤形成の成果と展望」
講演概要: 学術情報メディアセンターでは、農林水産省統計部との連携の下、農学研究科に設置された寄附講座「農林水産統計デジタルアーカイブ講座」が行う「農林水産統計の高度利用の基盤確立」のプロジェクト研究を進めてきた。本報告では、寄附講座「農林水産統計デジタルアーカイブ講座」が行ってきた7年間の研究成果とともに、今後の研究の方向性について報告する。
備考 お身体の不自由な方はエレベーターをご利用いただけますので、事務室にお申し付けください。
|
イベント情報 過去のイベント
ページトップへ
Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.